経営労務診断とは

企業の経営労務管理に関わる基本規定(就業規則・労働協約等)及び基本的数値情報(平均勤続年数等) に関する診断項目について、社労士が原則として毎年1回、確認・診断を行います。
その結果、法令にかかる部分(必須項目)をクリアした場合、その結果を社労士の電子署名を付して、一般財団法人日本情報経済社会推進協会が運営する 「サイバー法人台帳ROBINS」サイトに掲載するサービスです。

即ち第三者である社労士が経営労務診断をすることにより、企業の健全さをアピールできる仕組みです。公平な第三者が確認することにより、信頼性があがります。

第三者確認

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ