Outlook.comのアカウントが管理できなくなりました。

当社のメールアドレスはOutlook.com でWebメールとして使い、カレンダーもOutlook.com を使っていました。

2012年12月にGoogle Appsが有料化になった時にマイクロソフトはOutlook.comは独自ドメインのアドレス500アカウントが無料だと宣伝していたのに大きな裏切りです。

2014年8月から、既に発行したアドレスのみが使え、新しいアドレスは登録できなくなってしまいました。管理画面が削除されサインインできなくなっています。

そして、独自ドメインを利用したい場合は有料のOffice 365を使えと。

WindowsLive

Google Appsが有料化になった時点で既にドメインを登録していた場合は、今でも10アカウントだけは自由に使えます。私は二つのドメインを登録していたので20アドレスは使えることになります。この範囲内のアドレスであれば、変更、追加、削除が自由にできます。

しかし、Outlook.comは全く管理ができないのです。

来月にスタッフの入れ替えがあるので、アドレスの準備をしようと思い、Windows Live アドミン センターにアクセスして初めて気がつきました。

当社のように小さな法人では有料版は二の足を踏んでしまいます。

今でも「Outlook.com 有料化」で検索すると、『Google Appsが有料化したので、Outlook.comを使おう』との紹介が多くヒットします。

かつて批判したGoogle Appsは10アドレスを使えるのです。なら、20アドレス位は使えるようにして欲しかったですよね。

マイクロソフトよ、こんな裏切りが許されるのか!!!!

まぁ、もの凄く裏切る会社ですけどね(笑)

そして、Outlook.com を止めて、Google Appsに戻ります!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ